当院マスコットのハチドリの
こはねちゃん

☆ハチドリのひとしずく☆

森が燃えていました

森の生き物たちは

われさきにと逃げていきました

でも、クリキンディという名のハチドリだけは

行ったり来たり

口ばしで水のしずくを一滴ずつ運んでは

火の上に落としていきます

動物たちはそれを見て

「そんなことをして いったい何になるんだ」

と笑います

クリキンディはこう答えました

私は、私にできることをしているだけ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

この後はどうなったのでしょうか?
この話には続きがあるように思えませんか?

実は、この先の物語を作るのは
今、読まれているあなたとなります。

当院は、その人に対して

不調を改善させる

きっかけを与えることは

出来ると考えています

物語のハチドリのように

わたしひとりでは

凄いことは出来ません

精一杯、治療をさせていただきますが

それだけでは不十分です

みなさまの協力が必要となります。

今、できることを

一生懸命にやっていただければ

良い方向に向かうと考えますので

少しずつ

焦らずに生きましょう