経絡治療のすすめ

「はり・きゅう」の経絡治療理論の大家の著書

私のバイブルのひとつ、この本をきっかけに今の経絡治療を研究し始めた原書

内容は一般の方でも読みやすい文字列や内容であるがチンプンカンプンだと思います。

鍼灸師の方でもこの本を読んで理解ができるという方はもしかしたら少ないのかもしれません。

この本を読んで、すぐに治療に活かせるのか!というとそうでもないというのが大半の鍼灸書の現状です。

やはり、鍼灸は知識とともに技術が必要で常にどれも疎かに出来ないものになります。

もちろん、それを扱う人の人間性が1番だというのは言うまでもありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA