朝だけ断食 9割の不調が消える!

著:鶴見隆史

著者の鶴見先生はファスティング(断食)をして健康になろう!

というスタンスをひとつ持っており、わたしも共感できる。

鶴見先生は多数の本を出版されているので気になった本を一冊読まれると先生の意図することはわかってくる。

この本の内容は、題名通りでやってみると実際に身体も心も軽くなる

自分で組み立てた理論を簡便に記載させていただくと

空腹になることにより交感神経(活動するやつ)が活発になり軽くなる

逆に満腹になると副交感神経(サボるやつ)が活発になる

ただし、人体というのはそんな単純ではないのでそれだけとは考えないでいただきたい。

現代は飽食の時代で、誰もが食べすぎているのは事実ではないだろうか?

ぜひ一度、読んでいただき害のない程度に試されてはいかがかと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA