素問

黄帝内経の中の一種で中国最古の医学書と言われている。

主に基礎理論に関して記載されているが、個人的には現代とは噛み合わないところも見られるのかと思う。

黄帝が岐伯(きはく)を始め幾人かの学者に日常の疑問を問うたところから『素問』と呼ばれ、問答形式で記述されている。

以外に古今とも論じられることは同じなんだなと思わせる内容もちらほら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

接触鍼で副作用軽減

次の記事

霊枢