難経解説

難経は黄帝内経より新しく、実用的で実践的なものについて書かれており、とくに経絡治療をおこなうものにとっては、必読の本と思われる。

自分にとっても見返すことの多い本である

しかし、これだけを読破したからと言って臨床は難しいことは付け加えておく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

霊枢