経絡治療学原論

福島3部書のひとつ

この他に「経絡治療要綱」という本があり、こちらは英語訳で海外でも出版されている数少ない日本の鍼灸の本の一冊である。

「経絡治療学原論」は上巻と下巻とわかれており、上巻は基礎理論、下巻は治療理論になっている。

「わかりやすい経絡治療」と「経絡治療要綱」をさらに事細かにかかれている一冊であり、経絡治療をおこなうのならば時間をつくって一度見ていただくといいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA