チーズはどこへ消えた

著:スペンサー・ジョンソン

決して分厚くはない本、この本と出会ったのが高校生のときで、結構話題になっていたと思う。

内容はチーズを探してネズミたちが奔走する話だが、これが奥が深い

3匹のネズミは大量のチーズを発見する。

しかし、そのチーズは食べるのだから、当然どんどん減っていく

それに気がついた1匹のネズミは、他のチーズを探しに向かう…それは平坦な道のりではないけれども、結果さらに多くのチーズを見つけることに成功する。

しかし、残った2匹のネズミはチーズがなくなってもそのチーズのあった場所に足を運ぶ…そして、1匹のネズミはついに行動をおこし、もう1匹を誘い新たなチーズを探しに出かけようとするが、残った1匹のネズミはチーズがなくなったことを信じられず、そのまま残るという物語だ。

高校生で読んだときと、今あらたに読むのとでは捉え方が違う。

こんなに簡単な物語の中に、ものすごく考えさせられる内容がもりこまれている。

あなたは、どのネズミかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA