素門「陰陽別論篇」

人には季節に応じた脈というのがあり、そのとおりに脈(手首のとこの脈)がうっていれば正常だと言えます。

例えば、夏の暑い日に細くて奥深くに隠れたような状態では正常とは言えません。皮膚表面近くに浮いて大きく、あふれるような強さの脈が正常なのです。(熱を外に逃がそうとするような感じです)

病の状態や治りやすさを知ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

素門「陰陽離合論篇」

次の記事

素問「霊蘭秘典論篇」