素問「厥論篇」

厥とは陰陽が相接しない状態をいう
陰気が勝つと寒厥(陽気が下の方で衰える)
陽気が勝つと熱厥(陰気が下の方で衰える)

陽気は足の五指の表面からはじまる→陰気が負けると熱厥で足下が発熱
陰気は足の五指の裏からはじまる→陽気が負けると寒厥

酒は陽気が強すぎるので、飲みすぎると腎気を必ず損傷(冷やせない)

腹部膨満は陰気が上部に盛んになって下が虚した結果
人事不省(昏睡)とは陽気が上部で一歩的に盛んになり、下部の気もそれに併してのぼり、上逆して陽気が乱れた結果

太陽経では、頭部が腫れて重くなり、下では足が動かない、目が眩んで卒倒
陽明経では、癲疾となり、精神錯乱して大声をあげて走ろうとしたり、腹部が張って眠れなくなり、顔が赤く、幻覚を起こしてわけのわからないことをいう
少陽経では、耳が聞こえなくなり、頬が腫れ熱をもち、脇が痛み、両大腿が動かせなくなる
太陰経では、腹部が張り、食欲低下、大便が気持ちよくでなく、食べると吐き、横にすらなれない
少陰経では、口が渇く、尿は赤く、腹が張り、心臓が痛む
厥陰経では、下腹部が腫れ、腹が脹満、大小便が出にくく、寝るとき膝を曲げたがる、外陰部が萎縮して腫れる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA