寝ころんで読む傷寒論・温熱論

著:入江祥史

寝転んで読む!という題名から簡単だと思って購入しないほうがいいです。
内容は東洋医学を知ってる人間からすれば、なるほどと思えますが、著者も書かれていますが入門書のようなものです。
それでも、じっくり読み返さないとわからないところは多々あります。

私の感想としては、わかりやすい!の一言です。
本格的な傷寒論を読まれる前に一読してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA