素問「天元紀大論篇」

五運六気のはなし
五運とは
天の「十干」に木火土金水の五行を配当したもの
六気とは
風火熱湿燥寒の各々に「十二支」を配したもの

十干:甲乙丙丁戊己庚辛壬癸=天干
十二支:子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥=地支

この組み合わせでいくと六十通りの年を示せるため、六十年を「一元」「一周」と称した。
還暦ですね(・∀・)

偉大な道理が書いてありますが、簡単にかけない!(いままでも難しかっただろ?ってのはなしでおねがいします(*^^*))

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

素問「標本病伝論」

次の記事

素問「五運行大論篇」原文