素問「示従容論」

臨床にあたってはゆったりしてあせらず、落ち着いて細かに観察・分析し、複雑な症状中から差異を分別して、その病気の本来の在り処を突き止めるべき

年寄りは食べることを好むため六腑を方から考える
年少者は大抵体力を使うので、経絡から探っていく
壮年者は欲望が多く精気を消耗しているので五臓から診察する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

素問「著至教論篇」

次の記事

素問「疏五過論篇」