霊枢「経脈篇」②

手の陽明大腸経
人差し指の尖端よりはじまり
人差し指の上縁に沿って、母指と示指のわかれた骨の間の合谷穴を通り、上って腕上の両筋の陥凹しているところに入り、前臂の上方に沿って肘の外側に至り、更に上臂の外側の前縁に沿って、肩を上り、肩峰の前縁に出て、上って大椎穴の上に出て、再び缺盆に入り、肺と連絡し、横隔膜を下り、大腸に連続する。
その支脈は、缺盆より上って頸部に走り、頬部を通過し、下歯齦に入り、戻って上の口唇をめぐり、左右の両脈が人中で交わり、左脈は右に行き、右脈は左に向かい、上って鼻孔の両側を挟み、足の陽明胃経と相い接する。

外邪が本経を侵犯して生ずる病証、歯牙の疼痛、頸部の腫大である。大腸が主っている津液によって発生する病変は、眼精が黄ばみ、口の中が乾き、鼻水が流れたり或いは鼻血が出たりし、喉中が腫痛し、肩前と上臂が痛み、人差し指が使えなくなる。
気が有余の実証は、本経脈が順行して通過してる部分の上が発熱し腫れるなどである。
気が不足した虚証の場合は悪寒戦慄し、かつそれが回復して暖かくなりにくい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA