霊枢「経脈篇」③

足の陽明胃経は鼻の傍らより起こり、ここから上に行き、鼻梁の陥凹しているところで左右に交わり、傍らに足の太陽経をたばね纏いながら、目の下の晴明穴に至る、ここから下降し、鼻の外側に沿って、上歯齦に入り、ふたたび出て口唇をめぐり、任脈の承漿穴と交わり、退きめぐって顎の下の後ろに沿って大迎穴に出て、耳の下の頬車に沿って上行して耳の前に至る。
足の少陽経の客主人を過ぎ、髪際に沿ってガンロの部分に至る。その支脈は、大迎の前より下って人迎に走り、喉に沿って缺盆に入り、横隔膜を下って、胃府に連属し、本経と表裏の関係にある脾蔵と連絡する。
その直行する経脈は、胃の下口より腹の内に走り、ふたたび下に向かって臍を挟み、毛際の両側にある気衝の部分に入る。別の一つの支脈は、胃の下口より腹の内に走り、下って気衝の部分に至って前の直行した経脈と会合し、ふたたびここから下降して、大腿の前方を経て髀関に至り、すぐに伏兎穴にあたり、下って室外骨の中に入り、脛骨の全外側に沿って足骨に至り、中指の内側に終わる。また一つの支脈は、膝下の三寸の所より分かれ出て、下行して足の中指の外側に終わる。また一つの支脈は背足よりより斜めに足の厥陰の外側に出て、走って足の大指に入り、直ちに大指の尖端より出、足の太陰脾経と相い接する

外邪が本経を侵犯する場合
悪寒戦慄し、うめくほど苦しみ、しばしばあくびをし、病気が重くなれば火に会うことを嫌がり、木の響きを聞くと恐れ、心が動揺して不安定となり、門を閉じて窓を締め、室内に一人でいることを望む、甚だしくなると高いところに登って歌を唄い、衣服を脱ぎ捨てて走ろうとし、かつ腸がなり、腹が張る

血によって生じた病変は高熱により発狂、ひきつけ、汗が勝手に出る、鼻水(鼻血)が出、口唇に湿疹を生じ、首が腫れ、喉が腫れて閉塞し、水が滞って腹が腫れ、膝蓋部が腫脹し、胸部にそって、乳部、伏兎、足の脛の外側、足背の上などが痛み、足の中指が屈伸できなくなる

経絡の気が盛んだと、胸腹部が皆、発熱し、胃熱が盛んだと穀物をよく消化し飢餓になりやすく、小便の色が黄色
経絡の気が不足すれば、胸腹部に冷感を覚え、胃の中に冷えがあるようで、脹満を発生することになる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

霊枢「経脈篇」②

次の記事

霊枢「経脈篇」④