霊枢「経脈篇」⑧

足の少陰腎経は、足の小指の下から起こり、斜めに足心に走り、内踝の前の大骨にある然谷穴の下を出て、内踝骨の後縁に沿って、脊柱を貫き、腎臓に連属し、本蔵と表裏の膀胱と連絡する。直行している経脈は、腎より上行して肝に至り、横隔膜を通過して、肺に入り、咽に沿って舌根を挟む。其の支脈は、肺より出て心に絡し、胸中に注いで、手の厥陰経と相い接する。

外邪が侵犯すると、飢えて食欲がなく、顔色が黒くて光沢なく、痰をすると血が混じり、ぜいぜいとした呼吸となり、座って急に立とうとすると、目に見えるものが曖昧模糊としてはっきりしなくなり、心に気懸りがあって飢えているように見える。気が不足すると恐れ、心中びくびくして人が彼を捕捉しようとしているかのようになる

腎臓によって生じる病変は、口が熱し、舌が乾き、咽部が腫れ、気が上逆して咽が乾いて痛む、心中が煩悶して痛み、黄疸、下痢、脊背や大腿の内側の後縁が痛み、足が萎えて厥冷し、よく眠たがり、足心が熱して痛む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA