霊枢「経脈篇」⑫

足の厥陰肝経は、足の親指の爪甲の後の叢毛の辺縁に起こり、足背に沿って上行して内踝の前一寸に至る。踵の上八寸に至って、太陰経の後面に交わって出て、上って膝窩の内側に走り、大腿の内側に沿って陰毛の中に入り、左右が交差し、生殖器をまとって、上って下腹部に達し、胃の両傍を挟んで行き、肝臓に連属し、本経と表裏の胆府と連絡する。上って横隔膜を貫き、脇肋に散布し、再び喉の後ろに沿って、顔面部に至り顎骨の上の竅に至る。目系に連なり、額に出て、督脈と百会で会う。その支脈は目系より下って頬の内に走り、唇内をめぐる。またもう一つの支脈は、肝より別れて横隔膜を貫き、肺の中に注ぎ、手の太陰経と相い接する。

外邪が侵犯して生じる病証は、腰痛して仰向けすることができなくなり、男子は疝を病み、婦女は小腹部の腫脹を患うなどである。病が重くなると咽喉が乾き、顔色が暗灰色となって光沢がなくなる。

肝臓によって生じる病変は、胸中が満悶し、嘔吐気逆し、穀物が消化しないで下痢し、狐疝し、遺溺あるいは小便不通となるなどである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA