霊枢「経別篇」

足の太陽膀胱経の経別
膝窩部(委中穴)から分かれる。
また別の一経は肛門に入って膀胱に属し、腎に達して脊柱起立筋を通って上行し、心に入っていく。心に入らないものは、項部にでて本経と合流する。

足の少陰腎経の経別
膝窩部(委中穴)から分かれ太陽膀胱経に合流して腎に至る。別の一行は第十四椎(命門穴)から帯脈に属す。そこから上行して舌根に繋がり再び項部を巡り足の太陽膀胱経に合流する。

足の少陽胆経の経別
上行して大腿をめぐり陰毛の中に入り厥陰肝経と合する。その別の一脈は季肋の中に入り、胸に沿って本経の胆に属し、散じて肝にいき心を貫き、咽喉を挟んで頬から顎にでて目系につながり、本経と瞳子髎穴で合流する。

〇足の厥陰肝経の経別
行間穴・太衝穴あたりからおこる、上行して前陰部で少陽胆経と合し一緒に上行する。

足の陽明胃経の経別
髀関穴あたりから上行して腹中に入り胃に属し、散じて脾を絡い心を通過し咽喉部を通って口に出て鼻筋とまぶたの下方に至り、目系に連なり本系に合流する。

足の太陰脾経の経別
箕門あたりから分かれて胃経と合流し一緒に上行して咽喉部にまとい舌中を貫く。

手の太陽小腸経の経別
肩峰突起あたりから別れて腋下から心に走り小腸に連絡する。

手の少陰心経の経別
腋下三寸の少陽胆経・淵液穴から別れて両筋の間に入り、心に連絡し、咽喉部を上行して顔面に出て、手の太陽小腸経の支脈と内眼角で合流する。

手の少陽三焦経の経別
百会穴から別れて下行し、欠盆穴に入り三焦に向かい胸中に散ずる。

手の厥陰心包経の経別
淵液穴のあたりから別れて胸中に入り、三焦に達して咽喉部を経て(ここで足少陰・足陽明と関係する)耳後にでて手の少陽三焦経と完骨穴で合流する。

手の陽明大腸経の経別
上腕部より側胸と乳の間に入り肩髃穴に出て大椎に入りまた下行して大腸に入り上行して肺に属し、咽喉をめぐり欠盆にでて本経と合流する

手の太陰肺経の経別
淵液穴のところで少陰心経の前に入り肺に入り大腸に分布し、上行して欠盆にでて、咽喉部をめぐり手の陽明大腸経と合流する。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

霊枢「経脈篇」⑫

次の記事

霊枢「経水篇」