霊枢「経水篇」

足の陽明胃経
刺鍼の際は深く、置鍼時間も長くしないと邪はとれない

足の太陽膀胱経
深さ5分、置鍼は7呼吸

足の少陽胆経
深さ4分、置鍼は5呼吸

足の太陰脾経
深さ3分、置鍼は4呼吸

足の少陰腎経
深さ2分、置鍼は3呼吸

足の厥陰肝経
深さ1分、置鍼は2呼吸

心肺の気血を受ける距離が比較的短いので、深さは2分以内、置鍼は一呼吸こえないようにする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

霊枢「経別篇」

次の記事

霊枢「経筋篇」①