霊枢「経筋篇」③

足の陽明経筋は、足の第二指と第三指から始まり、足背に結び、斜めに外側に上行し、脛骨を経て、上行して膝の外側に結び、まっすぐに上って環跳穴付近に結び、脇肋に沿って脊柱に属する。別の直行するものは、足背から脛骨に沿って上り膝に結ぶ、足の少陽経筋と合する。直行するものは、大腿前面の筋肉隆起部の伏兎穴のあたりを経て大腿骨に結び、性器に集まり、更に上って腹部に散布し、缺盆に至って結集する。頸部を上り、口を挟んで頬骨に集まり、下では鼻に結び、上では太陽経筋と合する。そして太陽経筋は上瞼を調整し、陽明経筋は下瞼を調整する。分岐した一支は、頬部から耳前に結ぶ。

病証は、第三指がひきつり、これが脛部におよび、脚の筋肉がピクピクしてひきつり、大腿前面の伏兎穴のあたりの筋がひきつり、股のあたりが腫れ、陰嚢が腫れる。腹筋がひきつり、缺盆から頬部に波及して口角がゆがみ、ひきつれた側の眼を閉じることができなくなる。もし熱があれば筋が緩み、眼を開くことができなくなる。頬の筋に寒があれば拘急して口角が移動し、熱があれば筋が緩み締りがなくなる。だから口角が歪むのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

霊枢「経筋篇」②

次の記事

霊枢「経筋篇」④