全訳 経絡学

翻訳:浅野周

経絡に関してしっかり書いてある本です。
この本の良いところは、あらゆる経絡の記載とともに、しっかりと内経(中を走っている経絡)の記載があるところです。
鍼灸を生業とする方で、流注を見直したいという方は傍らに置いておいてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

全訳 中医基礎理論

次の記事

鍼灸重宝記