霊枢「経筋篇」⑨

手の陽明経筋は、人差し指の端からはじまり、腕関節部に結び、腕関節部に結び、前腕に沿って上行し、肘の外側に結び、上腕部に上行し、肩ぐうに結ぶ。その分支は肩甲骨をめぐり、脊柱の両側を挟む。直行するものは肩甲部から上行して頸に至る。また一分支は頬部を上行して頬部に結ぶ。直行するものは、上って手の太陽経筋の前に出て、左の額角に上り、頸部をめぐり、下行して右の顎の下に至る。

病証は循行部位の筋が痛みひきつれ、肩をあげることができなくなり、頸を回して左右を見ることができなくなる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次の記事

運気論入門