霊枢「経筋篇」⑩

手の太陰経筋は、手の母指から始まり、指に沿って上行し、魚際の後に結び、寸口部の外側を経て、前腕に沿って上行し、肘関部に結び、上腕内側を上行して、腋下に入り、缺盆に出て、肩の前方に結び、再び上って缺盆に結び、ここから下行して胸の中に結び、散って胃の上口の噴門部を貫き、再び噴門に集合し下行すて季肋部に至る

その病証は、その循行部位の筋がひきつれ、痛みが甚だしい場合は呼吸促迫し気逆する息噴病となり、脇肋が拘急して吐血する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA