霊枢「営気篇」

胃に入った栄養は、脾の運化作用により精微なものになり、そらが肺に行き全身に巡らせられる
その中の純粋な部分が経絡に入り肺経から始まり肝経で終わり、また肺経に巡りはじめる
別行する分支は督脈、任脈をめぐり缺盆より肺経として、まためぐる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

霊枢「五十営篇」

次の記事

霊枢「脈度篇」