霊枢「厥病篇」①

「厥気上逆による頭痛に関して」


・顔面に浮腫、心中が不安の場合は胃経と脾経の輸穴をとる

・頭部のある経脈が痛み、悲観し、よく泣くようなときは頭部の動脈を診察し、拍動が過盛なところから血を出し、肝経の輸穴をとる

・痛む箇所が移動して動かず、しかし頭が重い感じがするとき、瀉法を使う
督脈・膀胱経・胆経の5行の5穴、合計25穴をとる。同時に先に心包経、あとに腎経をとる

・物忘れがひどく、手で触れても痛む箇所が探り当てられないときには、まず頭と顔面部の左右の動脈を取り、その後で脾経の輸穴をとる

・項が痛み、その後腰椎やその周囲が痛むときは、天柱をとり、その後に膀胱経の輸穴をとる

・痛みが非常に激しく、耳の前後の脈絡がみな腫れて熱があるものは、まず局部をとって血を出し、そのあと胆経の輸穴をとる

・邪気が脳に溜まって起こる真頭痛で、痛みが非常に激しく、もし頭のいたるところが痛み、手足の冷えが関節まで及ぶものは不治の病である

・外傷性の頭痛の場合はその局所の血を抜く

・重い痺証によるもので、毎日発作をおこすようならば、鍼で軽くはできるが根治する方法はない

・偏頭痛は、三焦経・大腸経の輸穴をとり
そのあと、胆経・胃経の輸穴をとる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

霊枢「温病篇」⑥

次の記事

霊枢「厥病篇」②