霊枢「厥病篇」②

厥気上逆による心痛に関して

・痛みが背部にまでひびき、痙攣するような感じがあり、背後から心を突かれたように痛み、そのため背や腰が曲がるのは、腎の邪気が厥逆しておこる心痛
治療は京骨・崑崙穴をとり、痛みがおさまらない場合は然谷穴をとる

・胸や腹が張り、鳩尾が激しく痛むのは、胃の邪気が厥逆しておこる心痛
治療は大都・太白をとる

・心が錐や鍼で突かれるように痛むのは、脾気の厥逆による心痛である
治療は然谷・太谿穴をとる

・顔面が死人のように蒼白となり、一日中深い呼吸ができないものは、肝気の厥逆による心痛である。
行間・大衝をとる

・安臥・休息しているときは比較的軽いが、動くと痛みがひどくなる。しかし顔色は変化しないのは、肺気の厥逆による心痛
治療は魚際・太淵をとる

・邪気が心に留まることにより起きる真心痛は手足の冷えが肘や膝の関節までおよび、心部が激しく痛み、朝発作を起こすと晩に死亡し、晩に発作を起こすと早朝に死亡する

・心痛で鍼治療をしてはいけないものは、内に積聚があったり、瘀血が停留しているからで、この種の病は治療をしてはいけない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

霊枢「厥病篇」①

次の記事

霊枢「厥病篇」③