霊枢「病本篇」

臨床上、病機の分析、診断の確定には、疾病の標本・緩急に対する弁別・分析が非常に重要

①急のときは標を治療、そのあと本を治療

②緩のときは本を治療、その後に標もしくは何もしない

③亜急性の場合は標本両方おこなう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA