霊枢「雑病篇」③

・喉痺病になり、喉が腫れて痛み、話をすることができないときは、陽明胃経の輸穴をとるが
話が出来るときは陽明大腸経の輸穴をとる

・瘧疾(ぎゃくしつ)になっても口が乾かず、隔日に一度発作を起こすようならば、陽明胃経をとる
もし口が渇き、毎日発作を起こすなら陽明大腸経

・歯が痛むが、冷たいものを飲んでもなんでもないときは陽明胃経
冷たいものを飲めないときは陽明大腸経

・耳は聞こえないが、痛まないものは少陽胆経
耳も聞こえず痛みがあるのは陽明大腸経

・鼻血が出て止まらず、しかも黒色の敗穴が流れるような場合は太陽膀胱経
敗血がかたまり滞るようなとき太陽小腸経、治癒しない場合は腕骨を刺す、それでも癒えない場合は委中

・腰痛があり、痛むところに寒を生じる場合、太陽膀胱経・陽明胃経をとる。
痛むところに熱を生じる場合は厥陰肝経
腰痛で仰向くことも、うつむくこともできない場合は少陽胆経
もし、内に熱があり、あえぐ場合には、少陰腎経と委中をとり血を出す

・怒りっぽく、食欲なく、黙りがちなのは太陰脾経
怒りっぽいがとりわけ喋るのは少陽胆経

・顎が痛むのは陽明大腸経の頬車に瀉血

・項が痛み、うつむいたり仰向いたりできないときには太陽膀胱経
もしも左右に首がまわらないときは太陽小腸経

・下腹部の脹満膨張感が、胃から心窩部にかけて波及し、悪寒戦慄し寒熱を生じ、小便が通じないときは厥陰肝経

・腹部が脹満し、大便が通ぜず、腹の膨張感が上部の胸や喉にまで及び、あえいで声をだすときは少陰腎経

・腹部が脹満し、食物が消化せず、腹が鳴り、大便が通じないときは、厥陰肝経

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA