霊枢「口問篇」③

しゃっくりする原因

正常な状況下では、食べ物が胃に入ると消化吸収しやすいようにこなれ、脾の運化作用によって水穀の精微の気が肺に注がれます。もし患者がもともと寒邪を受けていると、そこに新たに食べたものが入り、寒邪と食物がともに胃の中に留まります。
新しく入った食べ物ともとからの寒邪が互いに錯乱しあい、正邪が互いに相争い、邪気と胃の気が反揆したり、結びついたりしながら、同時に上逆し、再び胃の中から出て、しゃっくりが起こります

治療は太陰肺経を補い、少陰腎経を瀉す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA