霊枢「口問篇」⑬

いままで述べてきた12種類の病邪は、みな悪いものが人体に侵入しておきたもの
邪気が侵入したところは、みな生気不足となったものです。

およそ、上気が不足すると
脳髄が満たされず、耳鳴り。頭が傾く・目が眩むなどの症状

中気が不足すると
大小便が異常となり、腸が動いて音をたてるなどの症状

下気が不足すると
両足が萎えて無力となり、手足の先から冷え、胸が塞がれ悶々とする

治療は太陽膀胱経の崑崙を補い置鍼する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

霊枢「口問篇」⑫

次の記事

霊枢「師伝篇」①