霊枢「脹論篇」②

「脹病の症状」

・心脹は煩悶して乱れ、呼吸切迫、眠れない

・肺脹は胸中の気が脹って虚満し、喘ぎ咳き込む

・肝脹は脇の下が脹満し、疼痛が下腹部まで伝わる

・脾脹はしゃっくり、四肢がむくんで怠く、身体は重くて衣服にも堪えられず、ぐっすり眠れない

・腎脹は腹部が脹り、心下部が痛み、鼻中に焦げ臭さを感じ、飲食を妨げ便秘になる

・大腸脹は腸が鳴って痛み、冬に寒邪に中ると下痢を起し、消化不良をおこす

・小腸脹は下腹部が張り、腰にかけて痛む

・膀胱脹は下腹部が脹満して気が詰まり、小便が出にくい

・三焦脹は、気が皮膚の間に充満して、手で押してみるとブヨブヨして充実していない

・胆脹は脇の下が脹って痛み、口中に苦味を感じ、いつもため息をつく

治療は虚実をわきまえ補瀉する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA