霊枢「脹論篇」③

「脹満のおきる原因」

・陰陽の調和を失うと、病の気は下部にあって、営衛の気を導いて足止めし、これに寒気の上逆が加わると、真気と邪気がせめぎあい、相互に戦いあって脹病となる

「疑わしい場合の問題解決」

・人体の真気を結びつけ、血脈・臓・府の三者に反映されている症状を互いに対照すれば、知ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

霊枢「脹論篇」②