霊枢「脹論篇」④

「3回治療しても脹病がひかない場合はどうしてか?」

・分肉の間に刺して気穴に当たらなければならない
分肉の境目の隙間に入らなければ、経気はめぐらない
刺すのが浅すぎた場合、病気を上に浮かせてしまい衛気の活動を乱してしまい、陰陽の気が争うようになる
3回刺しても病気が排泄されないとき、刺す部位を変更する必要がある
それでも病気が排泄されなければ、初めから刺鍼をやり直さなければならない
そうすれば必ず治癒する

虚実をわきまえ補瀉をするのが大切である

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

人生を変える速読法「GSR」

次の記事

霊枢「五癃津液別」