霊枢「五閲五使篇」

五官(目・鼻・口・舌・耳)の変化とは五蔵の気が体外に反映したものである

脈象は気口に現れ、気色は鼻に現れ、五色は入り混じって現れ、五時の気候の移り変わりと対応している

・鼻の範囲が広大
・両頬がふっくら
・耳門が厚ぼったく
・耳の周りの壁が真四角
・耳下の土台が高く
・耳たぶの丸みが外でたわわ
・五色が正常で各部が平らかで広々している
以上のような容貌であれば100歳まで生き、病気になっても鍼治療で必ず治せます

鼻は肺
喘息が見受けられるときは鼻孔が広がる

目は肝
目尻に青色が見受けられる

口唇は脾
唇に黄色がみられる

舌は心
舌を巻いて縮こまり、両頬に赤色が見受けられる

耳は腎
頬骨と額に黒色が見受けられる

「五蔵の脈象も正常、気色も正常、五色も正常なのに病気に冒されると危機に陥るのはどうして?」
・上記に書いた100歳まで生きる状態とは逆の場合、普段病んでいなくても、体質が劣っているのです。
なので、病気になれば極めて危ない状況になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA