霊枢「陰陽繋日月篇」⑥

「経脈の陰陽と十二ヶ月の陰陽の配属関係で、どのように治療にいかせるのか?」

・正月、2月、3月は左足の少陽・太陽・陽明を主り、このとき左に偏っているので左足の三陽は刺してはいけない

・4月・5月・6月は右足の陽明・太陽・陽明を主り、このとき左に偏っているので右足の三陽は刺してはいけない

・7月・8月・9月は右足の少陰・太陰・厥陰を主り、このとき左に偏っているので右足の三陰は刺してはいけない

・10月・11月・12月は左足の少陰・太陰・厥陰を主り、このとき左に偏っているので左足の三陰は刺してはいけない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA