霊枢「淫邪発夢篇」②

「余りあることと、足りないことでどんな現れがあるのか?」

・陰気が盛んであれば、大水を渡って恐れおののく夢を見ます
・陽気が盛んであれば、大火事があって灼熱を感じる夢を見ます
・陰陽の気がともに盛んであれば、互いに殺し合う夢
・身体上部で邪が盛んであれば、上へ飛翔する夢をみます
・下部で邪が盛んであれば、下へ堕落する夢をみます
・極端に空腹なときは、人からものを取り上げる夢をみます。
・満腹すぐると、他人にものを与える夢をみます
・肝気が盛んだと、おこる夢をみます
・肺気が盛んだと、恐れおののき、声をあげて涙を流して泣き、飛翔する夢をみます。
・心気が盛んだと、よく笑い、恐れ怯える夢をみます。
・脾気が盛んだと、歌を唱い楽しむのですが、身体が重くて持ち上がらない夢をみます。
・腎気が盛んだと、腰と背骨と分離してつながらない夢をみます

鍼治療の際に相応する部位に瀉法を用いれば、病はすぐさま平癒することができる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA