霊枢「順気一日分為四時篇」①

「様々な疾病が発生するときは、燥湿寒暑風雨などの外邪の侵犯か、房事や喜怒の不安定、不規則な飲食や起居の乱れなどが起因する。
邪気が侵犯して後、正気と闘うと様々な症状があらわれ、邪気が蔵に入ればそれぞれ決まった病名がある。
多くの病人は、大抵の場合、早朝には病状が軽くなって意識さえ、昼間は割合と安静であるが、夕方には症状が次第に重くなり、夜には症状が最も激しくなる。
これは、どういうわけか?」

・それは、四季の気候と相違と変化に由来しているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA