霊枢「外揣変」

・鍼を用いて治病することは、その治療効果がばちで鼓を売って音を発し、日月がものを照らして影が生じ、水や鏡が人を映して形を現すことと同様に、内外相応の道理に適っている

・外の声や色に現れるものから推測をすすめて、内臓の病理変化を理解し。かつ診断と治療の根拠とすることができる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次の記事

霊枢「五変篇」①