霊枢「本蔵篇」①

「人体の気血と精神は、生命を養い正常な生理機能を維持するものである。経脈は気血の通行する通路であり、身体の内部と外部に気血が通行する通路があり、身体の内部と外部に気血を往復運行させ、筋骨を潤し、関節の動きを滑らかにするものである。
衛気は分肉を温め、皮膚を充たして栄養し、腠理を潤して、汗腺の開閉を主るもである。
人の意志は、精神活動を統御し、魂魄を収監し、人体の冷熱の刺激に対する適応能力と情志の変化を調整するものである。
したがって、気血が調和して正常活動が保持されれば、気血は伸びやかに巡り、全身の内外はみなこの往復循環の過程で十分な栄養を獲得し、それによって筋骨は強靭で力強くなり、関節が滑らかで思いのままになる。
衛気の機能が正常であれば、精神を集中でき、思推が敏速で、魂魄の活動など乱れがなく、後悔や憤怒などの過度の感情の動揺がなく、それゆえ五臓を安定させ、邪気の干渉を受けることがない。
もし人が気候や飲食の冷暖に対して良い具合に適応と調整ができ、六腑の水穀を輸送し化成する機能が正常に働き、気血の源泉が満ち満ちていて、経脈が滞りなく流通すれば、たやすく外邪を感受して風病や痺病を発症することがなくなり、肢体の関節がみな正常な動きを保持することができる。
これらが人体の正常な生理状態である。
五臓は精神や気血や魂魄を貯蔵するものであり、六腑は水穀を伝送し化成して津液を運行するものである。
これらの機能はすべて先天的に受けているものであり、愚鈍や聡明、賢者や不肖を問わず、異なることはない。
しかし、ある人は授かった天寿を全うすることができ、外邪に損なわれることなく、身に持病がなく、百歳になっても衰えず、大寒・大暑・突風・暴風という病を招く強烈な要因を感受しても、損傷されない。
ある人は身は家から出ず、居室に隙間がなく、風雨に侵入がなく、驚き恐れる感情の刺激もないが、それでも病になることを免れることができない、この道理を知りたい」

・これはかなり難しい問題です。
五臓の機能と活動は自然界と相応し、陰陽の変化の法則と符合し、四時の変化と関係を持ち、五つの季節の変化とも相応しているのです。
人体の五臓にはもとより、大小・高低・堅脆・端正と偏頗の差異があり、六腑にもまた大小・長短・厚薄・曲直と緩急の区別があります。
これら二十五種の様相は、それぞれ善悪・吉凶の標識であります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

霊枢「五変篇」②

次の記事

霊枢「本蔵篇」②