霊枢「本蔵篇」③

肺が小さければ、飲邪の停留することが少ないので、喘息を病むことがありません。

肺が大きければ、飲邪の停留することが多いので、いつも胸痺、喉痺及び逆気症状が出ます。

肺の位置が高いと、気の逆上をまねきやすく、喘息、肩で息をする及び咳嗽などの病があります。

肺の位置が低ければ、胃の噴門部に近くになり、胃が肺に迫り、脇下に痛みが起こりやすくやすい。

肺が堅固ですと、咳と気の逆上を病みません

肺が脆弱ならば、消たんを発病しやすく

肺が端正(整っていること)なら、肺の気は伸びやかで、邪気に損なわれにくい

肺が片方に偏っていれば、気は伸びやかではなく、胸中に偏痛を患います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

霊枢「本蔵篇」②

次の記事

霊枢「本蔵篇」④