霊枢「本蔵篇」⑥

腎が小さければ、蔵気は安定して外邪に損なわれにくい

腎が大きければ、つねに腰痛があり仰向けうつ伏せができず、外邪に損なわれやすい

腎の位置が高ければ、つねに背骨に痛みがおこり

腎の位置が低ければ、腰や尾てい骨に疼痛が起こり、狐疝病を起こす

腎が堅実で精気が旺盛であると、腰骨に疼痛が怒ることがありません。

腎が脆弱であると、消たん病を受け、さらに外邪に損なわれやすい

腎の位置が適正であると、精気は充満し、機能は正常で邪気の傷害を受けにくい

腎の位置が一方に偏っていると、腰や尻に疼痛が起こりやすい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

霊枢「本蔵篇」⑤

次の記事

霊枢「本蔵篇」⑦