霊枢「五色篇」③

「病状の進退はどのように判断したらよいか?」

・色と脈が結びついて、表裏全体の診察を行うべきである。

・病人の寸口脈が滑・小・緊で沈であれば邪気盛んで病が進行しており、病は五蔵にある

・もし、人迎脈が大・緊で浮であれば、陽の邪が盛んで病は進行しており外にある

・寸口脈が浮・滑であれば、病が日に日に進展しており

・人迎脈が沈・滑であれば、病は日に日に軽くなっていく

・寸口脈が滑・沈であれば病邪が次第に進行しており、病は内部にある

・人迎脈が滑・盛・浮であれば、病邪は日に日に進展しており、病は外にある

・寸口脈と人迎脈が浮・沈・大・小で同じであれば陰陽のバランスはとれており病状は好転する

・病が五臓にある場合、沈・大であれば病は治りやすく。小であれば治りにくい

・病が六腑にある場合、浮・大であれば病は治りやすい

・人迎は外部を主るが、盛で緊であれば、寒邪に傷なわれて病となっている

・寸口は内部を主るが、盛・緊であれば、過度の飲食に損なわれる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

霊枢「五色篇」②

次の記事

霊枢「五色篇」④