最強の孫子「戦い」の真髄

著:守屋 淳

ライバル多数の状況下でいかに国益を優先させるのかという内容
そのためには、どういう手法がいいのか?を孫子の兵法で読み解けます。

兵法書が書かれて2500年も経ってるんだね。

とくに戦いをしたいわけではないけど、風林火山の武田信玄も孫子の影響を強く受けてたり、一度は読んでみたいと思って読んだ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

魔法のねんねタッチ

次の記事

霊枢「五色篇」⑤