霊枢「論勇篇」①

四季によって風の性質は違っている
温風・熱風・涼風・寒風(春夏秋冬)

・色が黄色く皮膚が薄く、肌肉が柔弱な人は脾気が不足しており、春の風に耐えられない

・色が白く皮膚が薄く、肌肉が柔弱な人は肺気が不足しており、夏の風に耐えられない

・色が青く皮膚が薄く、肌肉が柔弱な人は肝気が不足しており、秋の風に耐えられない

・色が赤く皮膚が薄く、肌肉が柔弱な人は心気が不足しており、冬の風に耐えられない

・色が黒く皮膚が厚く、肌肉がしまっていて堅い人は、四季の虚邪賊風に損なわれることはない
しかし、内に生ものや冷たいものを食べて傷つき、内外とも損なわれると病は発症する
もし、色が黒く皮膚が薄く、肌肉が柔弱な人は脾気が不足しており長夏の風に耐えられない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

霊枢「五色篇」⑧

次の記事

霊枢「論勇篇」②