霊枢「衛気篇」①

・足の太陽膀胱経の本は附陽、標は晴明

・足の少陽胆経の本は足竅陰、標は聴宮

・足の少陰腎経の本は復溜と交信、標は腎兪と廉泉

・足の厥陰肝経の本は中封、標は肝兪

・足の陽明胃経の本は厲兌、標は人迎

・足の太陰脾経の本は三陰交、標は脾兪

・手の太陽小腸経の本は養老、標は晴明の上1寸

・手の少陽三焦経の本は液門、標は絲竹空

・手の陽明大腸経の本は曲池、臂臑、標は扶突

・手の太陰肺経の本は太淵、標は天府

・手の少陰心経の本は神門、標は心兪

・手の厥陰心包経の本は内関、標は天地

「十二経脈の標と本、上と下がつかさどる病を診るには。普通下が本であり、下が虚であれば元陽が下に衰えれ、厥逆
下が盛んであれば陽気が下に盛んで、熱となります
上にあるのが標であり、上が虚であれば清陽が上がらず、目眩がします。
上が盛んであれば陽気が上に盛んとなり、熱痛となり
実証のものは瀉法して、その根本を絶滅し、発作を止め、虚証のものは補法をし、その気を助けないといけない」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA