霊枢「論痛篇」

「筋骨には強弱があり、肌肉には堅脆があり、皮膚には厚薄があり、腠理には粗密の違いがある。痛みや薬物の耐性はどうなのか?」

・人の骨が強く、筋が柔らかく、肌肉がゆるんで、皮膚が厚いのは痛みに耐えられる

「艾の火の熱さに耐えられる人はどのようにしてわかるか?」

・骨が強く、筋が弱く、肉が緩んで、皮膚が厚く、皮膚の色が黒で、骨格の発育が完全で強靭な人は耐えられます。

「刺鍼による痛みに耐えられない人は?」

・肉が堅く、皮が薄い人は刺鍼の痛みに耐えられない、同時に灸による痛みにも耐えられない

「同じように同じ病を患っても、早く治るもの、治りにくいものがいるのはどうしてか?」

・身体に熱が多いものは簡単に治ります、逆に寒が多いものは治りにくい

「人の毒性に対する耐性はどのようにして判るか?」

・胃が厚く、皮膚の色が黒く、骨格が荒く、肉付きがいい人は毒素に対して強い抵抗力があります
痩せて、胃が薄い人は毒薬の刺激に耐えることはできません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

霊枢「衛気篇」②

次の記事

霊枢「逆順篇」②