霊枢「逆順篇」①

「気の運行には逆順があり、血脈にも盛衰があ理、刺鍼には大法がある、どういうわけか?」

・気の運行は自然界の陰陽、四時、五行に順応する。

・脈に力があったりなかったりするのは、気血の虚実の現れで、したがって脈象からから気血の有余と不足を診断できる。

・刺鍼の大法として、各病機に刺す方がよいか、まだいけないか、もはや刺鍼を行なっていけない状況になっているかなどの場合を明確に把握しておかなければいけない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

霊枢「天年篇」⑤

次の記事

腰痛ってなんやねん