霊枢「五味篇」②

「営衛はどのように巡るのか?」

・水穀が胃に入ると生成変化した精微なものは、胃から出て中焦、上焦にいたり、肺をへて五臓に流入する。
全身に送られるとき二つの道に分けられます。
清浄なものは分かれて営気となり、垢濁なものは変化して衛気となる
それぞれ、脈の内外の二つの道から全身をめぐります。
それらと同時に生み出された大気は胸中に集まり、気海と呼ばれる。この気は肺から喉に沿って出て、息を吐くと出て、吸うと入り、身体の正常な呼吸運動を維持します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次の記事

霊枢「五味篇」③