霊枢「水脹篇」①

「水脹、皮脹、鼓脹、腸たん、石か、石水は診断する上でどのように識別するのか?」

・水脹病が始まる時は、病人の下まぶたがかすれて腫れて、ちょうど寝起きの時のようになる。その人迎脈ははっきりと拍動し、常に咳をし、太股の内側が寒く、脛の部分が腫れ、腹が腫れて大きくなります。
これらの症状があらわれれば、水脹病となっており、手で腹を押さえて離すと、手に連れて腹が戻り、ちょうど水を入れた袋を押さえたのと似ています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

霊枢「五味篇」④

次の記事

霊枢「水脹篇」②