霊枢「水脹篇」④

「石か病の証候はどのようなものか?」

・石かは子宮の内部にできるもので、寒気が子宮の入り口に侵入することによって、子宮の入り口を閉じさせ、気血がスムーズに流れなくなり、悪血が排泄されず、そのため凝り固まったかたまりが子宮の内部に停滞す、だんだん長く大きくなり、その形は妊娠したようになり、月経が時期通りに来なくなります。
こうした病は女性に生じ、治療は凝縮した瘀血を取り除くようにすべきです。

「皮脹と鼓脹は刺鍼で治療はできるのか?」

・まず、鍼で鬱血した絡脈を瀉し、その後でもう一度経脈の虚実によって処理しますが、必ず血絡の中の悪血を刺して除くことを主としなければいけない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

霊枢「水脹篇」③

次の記事

霊枢「賊風篇」①