鬱について

みなさま、こんにちは、こんばんは

今回はきっと誰もが抱えたことがあるであろう

「うつ」に関して勉強していきましょう

鬱と言っても、気分が沈む鬱や気分の浮き沈みが躁うつ状態など様々です。

では、学んでいきましょう!!(^o^)

まず、うつ病の定義としてなのですが

「気分の落ち込みの・・・程度が強く!持続期間が長く!機能の障害をもたらす!」

というのが大雑把なうつ病に関しての説明です。

簡単に言うと

気分の切り替えが上手にできへん!!(๑•̀ㅁ•́๑)✧

ということになります。

他には代表的なもので

躁うつ状態というのもあり

それも簡単に説明をすると

超ハイテンションと超ローテンションをコントロール出来ずに繰り返す!!( ー`дー´)キリッ

です!!(*^^*)わかりやすいですね

つまり、感情のコントロールが出来るか出来ないかになりますね

原因としてはセロトニンがうんたらとか

ホルモンがうんたらとかありますが

それは、他の方々に任せます(*´∀`*)

他にも冬限定の冬季うつとかもありますが

個人的にこれは・・・

冬眠したいような状態だから活動力が悪いんだから当たり前!!!(´・ω・`)

と解釈しています

他には介護うつとか育児うつとか・・・

何でもかんでも鬱ってつければいいと思ってるのかよ!

ってぐらい多いですね

現代医学的な治療としては
1.抗うつ薬・・・セロトニンやノルアドレナリンの活動を高める薬 
2.抗不安薬・・・不安や緊張を和らげます。
3.睡眠薬・・・・眠りを促します

が処方され

規則正しい生活とストレスを避けましょう

となります

東洋医学的にはなんなのよ!

ですが

難しく書くのは嫌なので簡単に・・・

肝と脾と心の状態がおかしい!!

です。

はい!わけがわかりませんね!

詳しく知りたい方は素問と霊枢を読破しよう!

治療はそれらのバランスをよくしましょうです

まあ、整えていくと鬱だけではなく

他に出ている症状もまとめてよくなっていくんですけどね(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

ではでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

霊枢「賊風篇」②

次の記事

霊枢「得気失常篇」①